Menu

業務案内

Home

水廻りリフォームこだわり

水廻りリフォームこだわり

自分の家にこだわりを持つことは大切なこと。
水廻りもまた生活を行う上で欠かせない部分です。
例えば料理に使う台所は広い方が良いのはもちろん、蛇口の種類やコンロ周りの作りについて考えたくなる人も多いでしょう。自分で工夫できるからこそ、面白みも出てきます。
トイレに関しても毎日使うものですから、こだわっておきたいものです。特にトイレと洗面台は年々改良が加えられており、より水を節約しつつ汚れにくい作りとなっています。汚れがつかないと流す回数も少なくなり、結果的に節水につながるという訳です。

水廻りにこだわるということは、生活の質にこだわることと同義と言っても良いでしょう。

水廻りリフォームについて

浴室

浴室

シャワーや湯船だけではなく、床や壁も浴室リフォームには欠かせない部分といえます。
近年では対策が取られるようになりましたが、昔からあるタイル張りの浴室は冬場になると心臓が凍えるほどにまで冷たくなります。
この状態では心臓の弱い方にはたまりません。
さらに、目地に沿って生じるカビも外観を悪くしてしまいます。現在は冬でも暖かく、カビの定着しにくい壁や床になっていますが、
これも『ユニットバス』という概念あってこそと言えます。
シャワーや浴槽だけではなく、壁や床も丸ごと取り換える。コストも抑えることができ、統一感のある浴室は長く居てもどこか落ち着く場所となるのです。

トイレ

トイレ

毎日使うであろうトイレは掃除が大変。その上回数が多ければその分水道代もかかってしまいます。
しかし、近年のトイレは極力水を流すことなく汚れを落とす仕組みが組み込まれています。
例えば、水を溜めておくタンク式と水道管から直接流す『トルネード洗浄』を組み合わせることで少ない水で洗浄することができます。加えてフチがないため汚れが溜まりにくいのも特徴的。

商品にもよりますが、20年前のトイレと比べるとおよそ3分の1に当たる約5.0Lで足りるという辺りに技術の革新を感じざるを得ません。

洗面所

洗面所

手や顔を洗う洗面所は出来ればキレイにしておきたいもの。石鹸カスや髪の毛、歯磨き粉などで汚れやすいからこそ美しさと清潔さを求める人も多いのではないでしょうか?近年の洗面所は汚れにくさもそうですが、節水や家電の取り扱いにもつながる工夫が多く成されています。

洗面所で家電というとぴんとこない方も多いですが、ドライヤーや電動歯ブラシなどは散らかりやすいもの。
これらを収納できるほどのスペースがあるというのは非常に便利な話でもあるのです。
より美しいだけではなく、便利な洗面所を作ることも、リフォームの在り方と考えることができます。

キッチン

キッチン

広くて美しいキッチンは快適な生活を約束してくれる。
そんな言葉があるかはともかく、毎日使う場所だからこそキレイなままであって欲しいのは事実です。
一方でキッチンは汚れやすいことも事実。
当然維持するためにはこまめな掃除が必要ですが、近年のキッチンはスポンジでも汚れが簡単に取れるようコーティングが施されているケースが多く見られます。

これまでキッチンの汚れといえば、たわしやクレンザーが必要というイメージが強かったのですが、今では油汚れも簡単に落ちてしまう。
怠りやすいキッチンの掃除も遙かに楽に行えるようになっています。

会社概要